琉球泡盛ナビィ  > 泡盛を知る > 泡盛基礎知識 > 古酒(クース)は、どうやって熟成させるの?

古酒(クース)は、どうやって熟成させるの?

家庭でも育てられるのが、古酒の大きな魅力のひとつです。

 しかも100年古酒を育てることも夢ではありません。実際、戦前の沖縄には100年、200年といった長期にわたって育てられてきた古酒があったといいます。

 こんなに長期間にわたって熟成させられるのは「仕次ぎ」と呼ばれる独特の方法があるからです。

「仕次ぎ」というのは、一番甕にもっとも古い酒(親酒)を入れ、二番甕にその次に古い酒、最後の甕には新酒を入れる。親酒をくみ出した甕には二番甕から同量の酒を注ぎ足し、二番甕にも同量の酒を三番甕から補充するという方法です。

 これは甕などで寝かせている古酒に、ときどき新しい元気な泡盛を注ぎ足してお酒に元気を取り戻させる方法で、琉球王朝時代から続く伝統的なものです。

 このやり方は、世界的に見ても、泡盛とシェリー酒にしか見られないめずらしい熟成方法です。

最近の記事

最新泡盛ランキング

沖縄のTシャツなら海人(うみんちゅ)

沖縄創作料理は恩納村の「凪」

ainowaフォトウェディング沖縄

ainowaフォトウェディング宮古島

ainowaフォトウェディング石垣島

広告募集中です!

広告募集中です!

広告募集中です!

広告募集中です!

琉球泡盛ナビィってなに?

琉球泡盛ナビィは、泡盛大好き!から泡盛未体験の初心者まで、誰でも楽しめる泡盛のポータルサイトです。

日々成長し続けるこのホームページで、色々と挑戦していきます。琉球泡盛が欲しくなったら古酒家さんで購入もできるようになっています。

ランキングや飲み方、カクテルの紹介のみならず、新しいスタイルの提案までしてしまおう!という総合的なポータルサイトを目指して日々企画しています。

運営は、沖縄のホームページ制作会社 サンネット株式会社が行っています。

お酒は二十歳になってから

泡盛カタログ注目の酒造所

忠孝酒造

瑞穂酒造